読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

日々是好日。

お酒関連。 人生コラム

お題「私の師匠」

スティーブ・ジョブズ

 

禅の世界に「日々是好日」というのがある。

捉え方によって毎日は好い日にも悪い日にもなる。

ようは自分次第なのだ。

毎日を好い日にする為に是非感じてほしいものの捉え方がある。

 

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

スティーブ・ジョブズの言葉だ。

「今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか?」

続きはこう

「『No』という答えが幾日も続いたら、私は何か変える必要があると知るのです。」


自分にとってお酒を飲み続ける事はどうだろう?

『No』という答えが心の中でこだましてはいないだろうか?

ならば、ジョブズの言うように何かを変える必要があるのかもしれない。

いや、あるのだ。

人生は一回きり。それは選択と決断の連続の上に成り立っている。

「習慣」とは文字通り「習って」「慣れる」ものであり

実践を積み重ねていけばそのうち慣れて当たり前のようになるのである。

でも、なかなかそれが難しい。

経験から考えると年齢は大きなファクターだ。

事実、私も30代で一度断酒に失敗した。

節酒、禁酒、など色々と取り組んだが「酒」への思いは変わることはなかった。

20代なら、なおさらなことだろう。

打ち上げだ。合コンだ。パーティーだ。と何かにつけて「酒」を飲む。

当たり前のように「酒」を飲む。

その当たり前がもし「飲めなくなった。」「飲まなくなった。」となってしまったら

楽しそうに盛り上がる周囲の人達と自分を比較し

さぞ、「損」をしたような、なんともやるせない気分になる事だろう。

自分だけ「損」をした。

ぽっかりと空いた心の穴は、なかなかどうして容易くは埋められない。

これは長年酒を飲んできた者なら、誰もが経験する心理的現象だ。

でも、心配することはない。

そのうち慣れて、何事もなかったように落ち着いた日々を送れるようになるのだ。

「日にち薬」と言われるように、人体に起こる生理学的変化は

心理的変化も含め、全て時間の経過によって癒されていくのだ。

あと、特筆しておきたいのは、そもそも「酒」を飲む。

と言う行為自体、人生に絶対必要ではないと言う事。

あまりにも周囲の環境がそれを容認するがゆえに、必要と思い込んでいるだけなのだ。

「はやりの洋服がこれだ!」と言われれば「ああそうか。」となるし

「これがおいしい。」「あそこがこう良い。」と言われれば

「なるほどそれは試してみたい。」となる。

実は人間の脳とはそういう性質を持っているもので、

他から受け取った「情報」は「揺れ動く幻」のようなものなのだ。

その「情報」の良し悪しを認識し、吟味し、判断するのは

他ならぬ自分自身でしかないのだから。

ここで最初に書いたジョブズの言葉をもう一度思い出して欲しい。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

「今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか?」

飲酒という行為は自分にとって本当に必要ですか?!

日々是好日。

毎日を好い日にするために、今日も本当に必要な選択をしてみよう。

広告を非表示にする

師走。

お酒関連。 断酒経過(意識変化を感じた日) 雑記

12月になりました。

いわゆる「師走」もう完全に「冬」です。

少し前から石油ストーブを出していますが

オーバーナイトでオペック減産のニュースが出たので

灯油を買い増しすることにしました。

我が家ではエアコンよりも石油ストーブが好まれるので

少しでもお安く仕入れておくことが冬場の燃料費抑制のキーポイントなのです。

まさにお題

お題「冬支度」

本番というところでしょうか?!

 

今日、12月1日はお酒を断って700日目のキリの良い日となりました。

f:id:saityarennji20150101:20161201063921p:plain

700日と言うと100日が7つ。

そう考えると何だか長かったような気もします。

 

最初の100日くらいまではお酒の事を考えない日はありませんでした。

でも、その100日がもはや7つも積み重なってしまいました。

光陰矢の如しです。

こうやって区切りの日にお酒について考えることも

自分の人生にとって大事なファクターなのかなと思い。

備忘録としてブログの記事にしておくことにいたしました。

 

忘れかけてしまっていましたが、

やっぱり1年が区切りだったと思います。

 

サイドバーのリンクにも同じものがありますが

http://hanjuku.real-sound.net/tis/fordr/ic_pdf/PtIC_Alcoholism_02.pdf

↑↑の病院の資料にも1年がめどと書かれています。

 

このPDF資料は、

私のように病院にもかからない。

かかるつもりもない。

そもそも診断を受けていない。

受けるつもりもない。

潜在的アル中にとっては

すごく役に立ちました。

(1000万人いるそうです。アルコール依存症予備軍。)

 

1年が経過してからはスーーーっと時間が過ぎてしまって

気が付けば師走。12月。

次のお正月で断酒3年目に突入です。

 断酒した理由について詳しくは書きませんが、

2年前の大晦日にやらかしてしまって断酒を強く決意しました。

 

それまでも、何回も「禁酒」や「節酒」に取り組みましたがダメでした。

やっぱりお酒の飲み方は変わりませんでした。

その他にも「外でだけ。」「○○曜日だけ。」などと

「時と場合だけ飲酒」などの方法も試してみましたが

やっぱりお酒の飲み方が変わることはありませんでした。

 

飲まない日には酒への未練や思いが募るばかり。

飲んだり、飲まなかったり、葛藤と我慢の毎日でした。

で、最後に人生に深い意味を与えてくれた「断酒」に巡り合ったのです。

 

「断酒」は、素晴らしく快適で過ごしやすい人生を私に与えてくれました。

 

これから忘年会シーズンで

いわゆる「やらかして」しまう方々が続々と現れる事でしょう。

そして、その都度「禁酒」を誓い「節酒」を誓い・・・・・。

 

もし、すでにやらかしてしまったどなたかが

このブログにたどり着かれたのなら、

是非、「断酒」

始めてみませんか?!

お酒の無い生活は本当にカンファタブル。

澄みきった人生がみんなを待っています。

 

 

 

お題「好きなビール」

あらゆるノンアルコールビール

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

お酒を断った事から名付けました。

お題「わたしの黒歴史」

飲酒被害。アルコール依存症

お題「思い出の味」

酒の味。おいしかったですがやめました。

お題「日本酒」

大好きでしたがやめました。

お題「居酒屋で頼むもの」

これもノンアルコールビール。もしくは酎ハイ焼酎抜き。

 

 

以上、忘年会シーズンですので、お酒に関係していると思われるお題に

ことごとく登録してみました。

お酒で失敗された方、「断酒」、最高ですよ!

 

断酒も勉強。

人生コラム お酒関連。

人生には意味がある

それを自覚しないまま、一生を終えてしまう人は多い。

何のために自分の命を使うのかを真剣に考え、生きる。

たとえそれがただ時間を費やしてしまっているだけの毎日であっても。

人生には必ず意味がある。

この世に生まれてきたからには命の限り生きればよい。

命を燃やして生きればよい。

一たび止まってしまったら、もう二度と動き出すことはないのだから。

そのために学ぼう。

「学び」とは一生かけて行う人間の知恵。

それは自覚のスイッチをONにするきっかけ。

私は「断酒」でそれを学んだ。

良い人生のスイッチをONにした。

変化は気づきを促す最良の友。

「断酒」という大いなる変化を受け入れ

冒険に溢れる豊かな人生に船出したのだ!

 

議論は人を分けるが、実践は共感を生む。

 

それを信じて今日も生きる。

 

 

広告を非表示にする

いい夫婦の日。二回目。

雑記 お酒関連。

www.fufu1122.com

断酒して2回目のいい夫婦の日がやってきた。

昨年はと言うと

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 こんな感じでした。

私達夫婦が良い夫婦なのかどうかはさておき

お酒の無い家庭に変貌を遂げた我が家は

夫婦喧嘩もほとんどなく、いい夫婦の日も平和に過ごせるようになりました。

以前は「いい夫婦の日だから2人で飲もう!」などと言いながら

お酒を飲む口実を無理やり作り

最期は2人とも酔ってしまって、喧嘩になったりしておりました。

何はともあれ断酒2回目の良い夫婦の日。

今年も平和に過ごせました!

 

pace!!(パーチェ)

 

お題「今日の出来事」

ギャンブル依存症。

お酒関連。 人生コラム 健康・体 雑記

www.youtube.com

 

いつもお邪魔させていただいているブログで

ご家族のギャンブル依存症についての記事を読ませてもらった。

 

アルコール依存症については

身近な人のお酒の問題でお困りの方へ | アルコール健康障害 - 内閣府

や、

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol

など

国レベルで取り組みが進んでいる昨今だが

ギャンブル依存症についてはどうなのだろう?!

コンビニやスーパーで気軽にお酒を買う事が出来るように

駅前で「賭け事」(厳密には違うようだが。私は嗜まないので良く知らない。)

を買い物やお出かけついでに気軽に行える状態を考えると

この手の依存症についても国レベルでもう少し踏み込んで

対策を議論してもらっても良いのではないか?!

と思う。

私も田舎に住んでいるが、田舎の娯楽って正直、本当に少ない。

いや、無いと言っても過言ではない。

私の息子も上京しているが、我が町の若者は都会の大学にいったん進学してしまうと

ほとんど戻ってこないのが現状だ。

残った大人達が少しばかりの娯楽として、賭け事に逸るのもわからなくもない。

それを規制すべきだとはまったく思わないが、

問題をはらんでいるのなら、個人の自由で放置するのではなく

対策について大いに議論が盛り上がればよいと思う。

「依存」という概念について一般レベルの理解が深まればありがたい。

この前テレビで見たのだが、今の国会でIR推進法案という法案が議題になるらしい。

シンガポールのベイエリアのような複合施設開発に関わる法案らしいが、

その中にカジノの運営についても盛り込まれているようだ。

 

www.marinabaysands.com

以前、家族でシンガポールを訪れた折に

屋上全体にプールがのっかているホテルに宿泊した。

カジノも設置されていて、少し物見にお邪魔したが

「依存」というネガティブな雰囲気が漂っているものでは無かった。

ベイエリア全体も綺麗で、にぎやかだった。とてもオシャレで活気があった。

カジノ対する良し悪しの評価は別にして

「あんなのが日本にもあったら、ぜひ行ってみたい。」というのが率直な感想だ。

かの国ではきちんと対策や法整備がなされているという事で

ギャンブルに対する考え方も成熟しているのかもしれない。

我が国でも折角国会で議論をするのであれば、

この際、ありとあらゆる通称「ギャンブル」と呼ばれるものについて

議論してもらいたいものだ。

いや、「ギャンブル」だけでなくもっと掘り進んで

あらゆる「依存」について本質的議論を深めてもらいたい。

お酒と同じで、「やらなくても良いもの。」「飲まなくても良いもの。」って

依存性が強いものが多いから。

本人も、周囲にも、大きく影響を与える「依存」。

早くIR推進法案とやらを審議して、国政レベルでの議論を深めていただきたい。

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

-----------------------5年後の自分へ-----------------

あなたの生きる2021年は

社会においてあらゆる「依存」についての理解が深まり、

気軽にリゾートカジノを見物しに行ける世の中になっていますか?

------------------------------------------------------------

広告を非表示にする

戦争と平和。

雑記 人生コラム

f:id:saityarennji20150101:20161114221849p:plain

出典:http://www9.nhk.or.jp/kaigai/wnp/

言わずと知れたロシア文学

放送終了しました。

まあ、ドラマだとこんな感じなのかな?!という感想です。

でも、しっかり主人公の感性を感じることができました。

 

最期の場面での主人公のピエールが心で思っているセリフ。

 

「人生が軌道から外れるともう何もかも終わりだという気持ちになる。」
「でも、それは何かすばらしい事への始まりでもある。」

「人生が続くかぎり幸せはある。」
「行く手には多くの幸せが待っている。」

 

失敗ばかりの酒飲み人生でしたが

今は断酒で本当に幸福感に満ちています。

ピエールの言う通りでした!

спасибо(スパシーバ)Пьер(ピエール)!

 

お題「気になる俳優」

ポール・ダノ Paul Dano :(ピエール役)

君の名は。

人生コラム 雑記

またまた遅ればせながら見てきました映画「君の名は。

www.kiminona.com

出典:http://www.kiminona.com/index.html

何故だかお酒を飲まなくなってカミさんと映画を見に行く事が多くなりました。

なんだか盛り上がっているので、一度見に行くか?と

さほど期待もしていなかったカミさんと私。

映画館を後にする時は2人とも目頭が熱くなっていました。

すっかり不思議の世界に引き込まれアニメにノックアウトされました。

本当に上手に作ってある作品でした。

「夢か?」「現実か?」

時間という概念がもつれ合うところなどは

前にも記事にした「量子もつれ」に相通じるところがあって

「あるかもしれないなぁ。」 と考えながら、ストーリーを楽しむことが出来ました。

量子もつれ」については⇓をご参照ください。 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 複数の系が時間的、空間的に遠く離れていても相関する「量子もつれ」という現象。

これにより「情報」が時空を超えて移動する可能性を提唱する学者さんもいます。

このアニメでの「情報」とは、主人公の「気持ち」や「想い」「願い」

その他「感情」全般と言ったところでしょうか?!

プリンストンのファン・マルダセナ博士は

我々の宇宙は、投影されたホログラムに過ぎないと語っています。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

お話の中で「夢」が大きなファクターとして扱われています。

すぐに記憶から消え去ってしまう「夢」。

「夢」って本当にすぐ忘れてしまう。

朝目覚めた時に「覚えよう。」「忘れないでおこう。」とどんなに心がけても

いつの間にかスーッと消えて行ってしまう。

だからこそ、この作品もリアルに捉えることができたのかも知れません。

どこか全く別の異次元宇宙で並行して起こっている現実が

自分の「夢」に投影されている。

例えば、酒を飲み続けている自分が生きる世界が

別の宇宙で時空を超えて並行して進行しているとか?!

実はみなさんにもそんなことが起こっているのかもしれませんヨ。

以上。近況でした。

寒くなってきました。皆さまお体にはお気を付けを。

お題「最近見た映画」

君の名は。

広告を非表示にする