読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

モーガンフリーマン「時空を超えて」

人生コラム 雑記

 2015年にもどこかで放送されたものを見た事があるような。

お題「好きだったテレビ番組」

モーガンフリーマン「時空を超えて」

 

www4.nhk.or.jp

を見た。

 

量子もつれ」の原理を用いて人間の脳細胞が宇宙と共鳴している

というようなお医者さんの説から始まって、

「意識」とは何か?「人格」とは何か?を

各分野の先端で活躍する科学者達が解説してくれる

というような内容だった。

 

この「量子もつれ」なのだが、量子力学を利用して、

次世代のコンピューターである

量子コンピューター

を作る時に必要な原理だ。

あるところに存在する任意の粒子と、全く別のところにある粒子が

互いに影響を及ぼしあっている状態を利用する。

「意識」「人格」などと言うような目に見えない存在から

考察をアプローチすると、必然として

唯物論的に神経細胞を構成する物質分子が検討の対象となってくる。

 

あなたの頭の中の細胞を構成している原子のそのまた細かい粒子と

この宇宙の全く別のどこかに存在している粒子が共鳴している。

それは宇宙の果てのどこかにあるかもしれないし

隣にいる誰かの頭のなかにあるものかもしれない。

まったくもって恐ろしい話だが、量子もつれの原理を利用した技術は

大真面目に研究が進んでいる。

実は固体素子ですでに実証実験が成功していたりする。

www.jst.go.jp

 

人の世では今まで分からなかった現象がどんどん解明されていく。

 解明と呼ぶべきか?!

 

人間は自分たちが高度な文化、文明を持ち

常にこの世の現象をディスカバーしていると考えがちだが

実際、やっとの思いで本質に近づいているだけなんだといつも思い知らされる。

 

驕ることなかれ、今日も空は青い。

生きることは素晴らしい。

 

 

 

 

広告を非表示にする

Con te partiro.

お酒関連。 音楽

断酒500日。

 

f:id:saityarennji20150101:20160515191342p:plain

 

さあ、共に新しい旅に出発しよう。

あなたと共に!

 

www.youtube.com

 

Con te partirò               
su navi per mari             
che, io lo so,                

・・・・。

 

あなたと共に出発しよう

船に乗り海を越えて

私は知っている

 

素晴らしい酒の無い新しい生活を。

 

お題「新生活」

Via del campo.

音楽 人生コラム

お題「よく口ずさんでいる曲」

 

Dai diamanti non nasce niente
dal letame nascono i fior .

 

ダイヤモンドからは何も生まれないが

肥しからは花が生まれる

 

 

 

www.youtube.com

広告を非表示にする

家飲みしない人。

お酒関連。

アルコールで問題を抱えている人間は

たいていの場合、家でも飲んでいる。

何か一仕事終わって一杯。

子供や家族のお祝いで一杯。

 

今日、久しぶりにノンアルコールビールでも家で飲んでみるか?

と思考がよぎった。

しかし、

「いや、待てよ。」

自分の周りにも沢山いらしたが、

家飲みしない人達ってこんな時どうしてたんだろう?

「飲み会の時しか飲まないよ。」

と言う方は

やっぱり家では飲まないんだよね。

だから、やっぱり買ってこなくて正解。

 

飲み会の時に「ノンアルコールビール

「私、家ではお酒(ノンアルコールだが)飲まないんだよね!」

って事。

 

おしまい。

 

お題「好きなビール」

ノンアルコールビール

自我。

お酒関連。 断酒経過(意識変化を感じた日)

重いお題目ですが、たいしたことは書きません。ゴメンナサイ。

今でも、お酒の味わい、酒を伴うようなシチュエーション、文化などに

興味関心をそそられることがあります。

最近スタートした春のドラマなんかで、

若いサラリーマンのお兄さんやOLの方たちが

オシャレなバーで飲んでいる所などを見ると、

「これもいいな。」

と感じる自分がいます。

微弱電流流れてます。脳(自我)に。

人間の本能が無くならないのと同じように、

ヒトの根本にある欲求は無くならないのかもしれませんね。

「食べる。」とか、「寝る。」とかと同じように

「お酒を飲む。」も長年続いている人間の癖(何千年くらいだろう?紀元前から?)

なので、ゲノムにしっかりと刻まれているのでしょう。

ただ、酒量をコントロールできない自分という事実は

現実のものとして今まで存分に体験してきているわけで

今後も変化していくことは無いでしょう。

(おやじもおじいちゃんも正体不明の大酒のみでしたから。)

(分かっているだけでも3世代。)

ようするにお酒に弱かったのですね。強いつもりでいましたが。

今は飲み会の席でもノンアルコール飲料をたしなみながらナチュラルハイに盛り上がれるようになりました。

楽しいです。正直。

飲めない下戸のおっさんが一人地球上に誕生したわけです。

後は昔の自分を知っている方たちが、彼らの記憶の片隅から

のん兵衛、ぐだぐだの酔っ払いおじさんだった自分を忘れてくれれば

ミッションコンプリートなのかもしれません。

本当に400日くらいから意識がどんどん変化してきました。

今日も飲みませんよ!

みなさんに感謝です!

 

今週のお題「私がブログを書く理由」

それはね、お酒で苦しんでいる人の心の支えに

少しでもなればいいなと思っているから。

広告を非表示にする

日数が気にならなくなった。

お酒関連。 断酒経過(意識変化を感じた日)

カウンターの日数が気にならなくなった自分がいた。

だからと言って数えるのをやめるわけではないのだが。

 

話は変わって、今日読んだ断酒の大先輩のみすけさんのブログで

 

「酒は百薬の長」と言われてきたが カナダ、豪州の研究で完全否定

 

と言う記事が掲載されていた。

適度な飲酒が健康に良い訳では無かった事実が検証されたというお話。

今までの研究で、「飲酒しない人」に数えられていた人達のなかには

飲酒して健康を損ねた方が含まれていたんだって。

その人たちが禁酒した理由が飲酒で健康を損ねたからなんだって。

この検体抽出データから、今までの研究が少しインチキっぽかったと言うお話。

 

飲まない人のなかから飲酒で体を悪くした人を引いたら

もともと飲まない人しか残らない。

もともと飲まない人と適度な飲酒ができる人=体がお酒にあっている人

を比べても、死亡率の有意な減少は確認できなかったらしい。

もちろん特定の疾患に対して少量のアルコール摂取に効果が認められる

事もあるようだが、結局それ以外のアルコールによる健康被害

相殺されてしまうようです。

 

「酒は百薬の長」では無かったらしい。

 

備忘録です。

 

歓送迎会。

お酒関連。 断酒経過(意識変化を感じた日)

去年も断酒中の身で参加した歓送迎会。

まだ、周りでいい気分になっている人達と自分が同類の側に居たような気がする。

しかし、今年はもはや飲みたいとも何とも思わなかった。

むしろ飲まずして色々とおしゃべりしたり(相手は飲んでいる。)

飲んでハイテンションの人達と

飲まずして一緒にハイテンションに盛り上がったりと

楽しい時間を過ごすことができた。

 

「何とも思わなかった。」

 

それがすべての感想。

ついでに2次会にでも行って歌でも歌ってきたかったが

娘の習い事の送迎があるので帰宅。

ゆっくりお風呂に入って。すっきり睡眠→熟睡とあいなった。

 

元から飲まない人たちはこんなに楽しく、かつ健康的に過ごしていたのだなあ。

飲んで、大声になって、ろれつが回らなくなってきた酔っ払いを

冷静に横目で見ながら、こんな楽しい時間を過ごしていたのだなぁ。

 

帰り道にお題「ちょっとした贅沢」

ノンアルコール「シャルドネスパークリング」を買って飲んだ。

www.asahibeer.co.jp

美味しかった。

 

来年の歓送迎会が今から楽しみだ。

広告を非表示にする