読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

ポケモン Go! まさに隠された余剰次元の世界。

雑記

お題「今日の出来事」

ポケモン Go 政府が異例の注意喚起にびっくり!

 

ポケモンGo

まさに隠された余剰次元の世界。

www.youtube.com

我々の周りにある次元は進むことのできる3次元+時間の4次元です。

その上の高次元は小さく丸まってコンパクト化されているか、

もしくは進めない方向にあるといいます。

まさに「ポケモン Go」は進めない次元を表現しているようです。

現実の世界にスマートフォンを向けると3次元を生きる私たちの手では

捕まえられない世界の生き物が現れます。

それは電磁気力によって生み出された量子力学的世界の情報を基に形作られた

一種の「命」のようにも見えます。

電磁気力をもっと詳細に考えてみると、

その構成要素は素粒子の集まりが作り出した「力」であり

その「力」によって表現された「生き物」は、

我々とは別の「次元」の世界の「生き物」とも呼べるのではないでしょうか?!

この世界が3次元である事は逆2乗の法則によって確かめられています。

重力や電磁気力など、この宇宙に作用する力すべてが分母に2乗をとる形をし、

逆2乗の数式で表現されているからです。

万有引力クーロン力などがこれに当たります。

どちらも距離の二乗に反比例しています。

その事により、この世界は時間を取り除くと3次元であると理解されているのです。

逆3乗の法則、逆4乗の法則がもし発見され、問題なく成立すれば、

この世の次元が4次元、5次元だと証明されたことになります。

話は少しそれましたが、進めない次元をもう一つの次元と考えるのならば

ポケモン達が住む次元を1つの次元として考える事ができるのかもしれません。

進みたくても進めない。

でも見えている。

ポケモン達の側から見ても、我々の住む3次元世界には進みたくても進めません。

画面から飛び出すことはできませんからね。

まるで、重力のない2次元空間は重力のある3次元空間と完全に同等だ

と考えるマルダセナ博士のホログラフィック理論のようです。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

ポケモン達は重力を感じていませんが、

確かにサーバーの中の量子情報として存在し、

そこで調和のとれた電磁気力として生きています。

バイスのケースを開いて、我々が光学的にそこにある物体を見ても

ポケモン達の姿を認識することができないところなど、

余剰次元の雰囲気をプンプン匂わせていますね。

出典:http://free-matrix-reality-screensaver.softonic.jp/

 

我々の世界はポケモン達からは見れません。

ですが、画面の2次元に閉じ込められた彼らの世界から

ホログラムとして映し出された立体映像のように

私達は確かに目に見え、さらに物理的に存在しています。

紙に描かれた2次元世界を眺めている私達と

2次元世界の住人との関係も同じようなものかもしれません。

が、私達人類が確かめた素粒子の理論をきちんと守りながら

ポケモン達が存在しているんだと考えると

なんだか本当に生きている高次元世界の「生き物」のように

無性に親近感を覚えます。

広告を非表示にする

輪廻転生。

お酒関連。 人生コラム

お題「我が家のペット」

シュレーディンガーの猫。

何故なら、観測してみないと飼っているかどうかわからないから。

カラビ・ヤウ多様体

出典:https://i.ytimg.com/vi/xCAOV_Kq5kY/maxresdefault.jpg

 

廻転生と聞くと、「次は何に生まれてくるのかなあ?!」

と思ったりする。(別に信心深い宗教徒ではありません。)

でも、次回何に生まれても、今の自分の自我はもうないので

現状が輪廻転生の結果である事を気づくことすらないだろう。

前にも書いたが自分たちを含め、この世のものはごく少数の物質でできている。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 机の上にある鉛筆の芯を形作っている炭素原子としてこの世に存在するのか?

我々人体を構成する炭素原子として次も存在し得るのか?

それは不明だ。

ひょっとしたら輪廻転生を定義する為のある特殊な方程式が存在するのかもしれない。

現代物理で使用されている量子論的な、もしくはこの世の粒子のふるまいがごく短い微小な「ひも」の振動によるエネルギーによって決定されるような神の数式が、だ。

 

もっと高次の世界を特定の式を使って描けるのであれば

もはや時空を超えてしまうかも。

 

この前書いた「マルダセナ予想」や「重力波」のお話の延長線上です。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

 

「 お前たちは揺らぐ現象として漂っている物を、

           持久する思惟で繋ぎ止めておくがよい。」:ファウスト

 

からこの考察シリーズは始まっています。

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

あまりお酒の話ではなかったけれど

「輪廻転生」して無機の物体になったら

お酒も飲まなくてよいのだから

今も無理にお酒を飲む必要はなさそうです。

 

 

夏目漱石 夢十夜「第六夜」

お酒関連。 人生コラム

出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-9d-54/asaka0704/folder/1831725/77/66662677/img_4?1371564625

 

運慶が仁王を彫っている所に出くわした漱石

あまりの出来の良さに感嘆していると、ある若い男が言う。

 

「あの通りの眉や鼻を鑿で木の中に埋まっているのを、鑿と槌の力で
彫り出す迄だ。」

「丸で土の中から石を彫り出す様なものだから決して間違う筈はない。」

 

ムリな力を入れずに自然な所作によって「当たり前」
のようにでてきたものこそが,最も普遍性がある。

 

飲まなきゃ、飲まなきゃ、と無理していませんか?!

飲まなきゃ何だか損した気分。

だから、飲まなきゃ。

 

飲むためにムリで強引な行動をとる。

飲んでさらにムリな言動に走る。

 

「飲まない」ただの自然な所作。

 

必要のないものだから。

 

お題「最近見た夢」

夏目漱石 夢十夜「第六夜」

 

 

 

広告を非表示にする

ある兵士の祈り。

人生コラム お酒関連。

お題「好きな街」ニューヨーク

 

------------------------------------------------------------

人生を楽しもうとあらゆるものを求めたのに
あらゆるものを楽しむために人生を授かった。

-------------------------------------------------------------

 

酒を飲むために人生があるのではなく

人生があるから「飲む」「飲まない」のバリエーションも楽しめる。

私は「飲まない」楽しみを選択した。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

 

ご存知の方も多いと思います。

上の詩は約150年前に南北戦争に従軍した南軍の無名兵士が記したものの抜粋です。

ニューヨーク大学の壁に掲げられているといいます。

 

以下全文

 

ある兵士の祈り。

 

I asked God for strength that I might achieve
 I was made weak that I might learn humbly to obey


大きなことを成し遂げるために強さを与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶように弱さを授かった

 

I asked for health that I might do greater things
 I was given infirmity that I might do greater things


偉大なことができるようにと健康を求めたのに
 より素晴らしいことをするようにと病気を授かった

 

I asked God for riches that I might be happy
 I was given poverty that I might be wise


幸せを求めて富を求めたのに
知恵を使うようにと貧困を授かった

 

I asked for power that I might have the praise of men
 I was given weakness that I might feel the need of God


人々の称賛を得ようと力と成功を求めたのに
神の手助けを望むようにと弱さを与えられた

 

I asked for all things that I might enjoy life.
 I was given life that I might enjoy all things


人生を楽しもうとあらゆるものを求めたのに
あらゆるものを楽しむために人生を授かった

 

I got nothing I asked for but everything I hoped for;
In spite of myself my prayers were answered
I am among all men most richly blest.


求めたものは一つも与えられなかったが
祈りはすべて聞き届けられた
私は誰よりも豊かに祝福されたのだ

 

酒を飲まない選択をした方、すべてを私は祝福します。

マルダセナ予想。

お酒関連。 人生コラム

f:id:saityarennji20150101:20160716150251j:plain

出典:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3057957/Are-living-HOLOGRAM-time-scientists-prove-strange-theory-true-realistic-models-universe.html

We are living in a giant hologram.

 

プリンストン高等研究所のマルダセナ博士。

ホログラフィーと言う考え方で物理学に革命を起こしたとされている。

 

マルダセナ予想と言われるこの発見、

3次元空間で捉える*1グルーオンと呼ばれる粒子の力を表現する物理は、

あるまがった空間にある重力の物理と等しいという予想です。

 

物理や数学の先生たちの間では、そもそも次元は高次であるのが「当たり前」として理屈が作られています。(縦、横、高さ、時間だけじゃなく。)

 

私たちの日常における「当たり前」とは3次元+時間であり、道具を使って物事を行ったり、目の前の人とおしゃべりしたり、日が昇り、夜がきて、また朝が来る。そんな「当たり前」がある世界です。

 

しかし、このマルダセナ先生の異次元があると言う理論に代表されるように

「当たり前じゃない」事も本当は「当たり前の真実」なのかもしれません。

 

「当たり前」を覆す事は力のいる作業です。

でも是非、日常の「当たり前」をもう一度点検してみることをお勧めします。

 

例えば、「酒を飲む」という「当たり前」。

 

い〇のさん家の波へ〇さんが「かぁさんビールは?」とか言って

ふ〇さんが「はいはい、もうちょっと待ってくださいな。」と言いいながら

いそいそと冷えたビールとつまみを運んでいる。

そんなどこにでもあるありふれた晩酌の光景。

 

本当は全然「当たり前」じゃないかもしれませんよ。

 

「当たり前じゃない」と言えば、地球の裏側で起きているトラック事件やクーデターなど、「当たり前」に安心して訪問できていた都市で不幸な出来事が起こっています。

 

島国に住む私たちの身の回りにある

「当たり前」の「平和」や

ちょっとした「幸せ」も

もう一度再点検してみたいものです。

 

*1グルーオン:(原子核を作っている陽子や中性子らを構成するクオークと言う素粒子をひっつけている力の元となる粒子)

 

お題「行ってみたい国」

フランス。トルコ。

広告を非表示にする

身近な人のお酒の問題でお困りの方へ

お酒関連。 啓発(動画、新聞記事等)

お題「わたしの黒歴史」

それは「アル中」(アルコール依存症)。

お医者さんでの診断はありませんが、自分ではそう思っています。

 

「このサイトにおこしくださり、ありがとうございます。」

で始まる内閣府のホームページ

アルコール関連問題啓発サイトがなかなかよくできている。

 

f:id:saityarennji20150101:20160714203337p:plain

アルコール関連問題啓発サイト - 内閣府

 

f:id:saityarennji20150101:20160714204050p:plain

 

「アル中」のイメージは本当に良くない。

でも、そのイメージに「自分は適合していない」と考えている酒飲みの多くは

もはや「アル中」の範疇に足を踏み入れているんだけれどネ。

 

この前ブラタモリというN〇Kの番組のなかで

サングラスのタレントさんが興味深い発言をしておられた。

 

「とにかく飲もう!」

「飲んで、一日の区切りをつけよう!」

 

と、こんな感じ。

 

そうなんですよ。

「区切りをつける。」

以前の私もそうでした。

「今日も一日お疲れさま!」

一杯飲む事に一日の「区切り」を求めてしまうものなのですよ。

アル中って。

 

今では私、「区切られていない連続している毎日」が

本当にカンファタブルになりました。

 

毎日飲まなければ何かが満たされない。

なんだかソワソワと「区切り」を求めるそんな気持ちになった時から

アル中街道の入口付近、いや、もう8合目まで達しているんだけどね。

 

上の画像にあるように「偏見」、「誤解」を乗り越えて

中毒(依存症とも言う)を自ら認める。

そして歩みだす。

そんな気持ちになれるホームページでした。

 

余談ですが今日の断酒カウンターは

五郎丸でした。

f:id:saityarennji20150101:20160714210721p:plain

備忘録です。

 

マッハ Go! GO! Go!

お酒関連。 断酒経過(意識変化を感じた日) 音楽

www.youtube.com

マッハゴーゴー!

マッハゴーゴー!

マッハ ゴー!ゴー!ゴー!

f:id:saityarennji20150101:20160709170941p:plain

カウンターが5並びの今日。

過去記事を探索していましたが

222の2並びの日が見つかりませんでした。

以下にまとめを作ってみました。(断酒経過です。)

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

  

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

で、心境ですが、まあ、穏やかです。

下戸ですね。普通に。

いつかキット誰にでも訪れるノーマル不飲酒の日々。

 これからも、断酒でマッハ Go!  Go!  Go!!!!!!

広告を非表示にする