今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

断酒の強い味方となるか?!

医師の診療報酬削減などのニュースが巷に流れる中 遠隔医療が存在感を増している。 時間や場所を気にせず医師と対話し、処方箋までいただけると言う事らしい。 すでに www.pocketdoctor.jp のような医療サービスや meditel.life のようなサービスが開始され…

断酒の新時代。

朝日新聞デジタル天皇陛下退位19年3月末 即位・新元号4月1日で調整2017年10月20日03時00分 30年続いた平成が終わる日が決まるようです。 昭和に生まれ、平成最後の3年間、 酒を飲まずに済んだことを誇りに思います。 そして、今度は初めから下戸とし…

カズオ・イシグロさん2017ノーベル文学賞。

以前ご紹介させていただいた2016年の冬のドラマ 「私を離さないで」 の作者、カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。 日本では綾瀬はるかさん演じるクローン人間が主役のドラマとして 地上波で放送されました。 最初、タイトルを見た時は…

断酒1000日。

断酒1000日となりました。 今日ブログの更新ができないかもしれないと思って 3日前に1000-3日の記事を書きましたが 無事に本日、この日を記録することができました。 虫の知らせか、家内の早起きにつられて5時前に目覚めた事が功を奏しました。 …

断酒1000日-3日!

意味不明なお題になってしまいましたが、つまりは と言う意味です。 断酒1000日まで待っていたら区切りも良くていい感じのように 思えるのですが、断酒が特別なもので無くなってきた今日この頃なので、 キリ番少し手前ではありますが、1000日の日に…

ドロシー・ロー・ノルト

ドロシー・ロー・ノルトの詩 (アメリカ 教育博士) ----------------------------------- 自分に正直になったとき、大事なことに気づく 本気で何かをしているとき、大事なことに気づく 捨ててもいいと思ったとき、大事なことに気づく 変わってもいいと思っ…

夏休み最後の週末。

カラッとした秋のような週末でした。 みなさまいかがお過ごしでしょうか?! ひと月ほど間隔があいてしまいましたが フェードアウトが苦手な私と言う事で ひとつ現状報告など、させていただきたいと思います。 saityarennji20150101.hatenablog.jp 私は今年…

断酒の経過とブログの関係。

ぎょうぎょうしいタイトルをつけてしまったけれど 現在の心境みたいなものを書いてみたいと思う。 なぜ今かと言うと、最近忙しさにかまけてなのかもしれないが ブログを書こうという気持ちが少しずつ薄らいでいくのが分かるからだ。 以前「フェードアウトが…

酒をまずそうと思う心境。

テレビでスパイシーチキンステーキとビールと言う組み合わせで 新しいお店紹介を見た。 スパイシーチキンステーキは「おいしそう」と素直に感じたのだが その横に鎮座する「ビール」は「まずそう」と感じた。 これは初の出来事で断酒開始から2年と7カ月。 …

断酒の発信地。

お題「私の師匠」??かな?? 良いお話を見つけたので、ご紹介。 シスター鈴木 秀子さんのお話。 -------------------------------------------------------- 私たちが生きていく上で忘れてはならない大切な知恵があります。それは、自分自身や他人の欠点、…

断酒と言う選択。

断酒と言う選択。年齢:40代後半。 特別お題「『選択』と『年齢』」 Sponsored by SK-II ブログを開いてみるとこんなお題があったので書いてみた。 化粧品関係だと思うのだが、 改めて考えてみると、皮膚から吸収したり、そのものを保護したり それよりも…

断酒?!まあ、そんな事もあるさ!

昨日テレビで見た外国番組ナレーション。 人はどんな場面でも意味のある物語を見出そうとする傾向にあります。 そして、物事に意味を見出すことに疲れるとこうつぶやきます。 「まあ、そんな事もあるさ。」 最近「断酒」と言う事に力みが取れてきたように思…

断酒に悔いなし!

しょうもない投稿を連投している今日この頃です。 カウンターが917。 9・1・7し。 になっておりました。 思えば酒をやめた2年半ほど前、直後は未練がたらたらとありましたが 現在は全くと言って良いほどありません。 まさに断酒に悔いなし!なのです…

逆もまた真なり。

さかさまにしても 「逆もまた真なり。」 酒を飲み、色々な問題を経験してきた私たちにとって 「飲酒」の反対「断酒」もまた「真」なのだ。 「飲む事が当たり前」で、飲まない人を見ると 「あの人は何故酒を飲まないのだろう?!」 「可哀そうに・・・。」と…

たがために断酒Now?!

「たがために断酒Now」 「誰がために鐘は鳴る」 t出典:https://www.topzine.cz/wp-content/uploads/2010/04/ernest-hemingway-komu-zvoni-hrana-en.jpg 単なる語呂合わせなのだが、ふと思いついた。 本物の方の「鐘の音」とは、誰かが亡くなった合図の鐘の…

酒をやめると言う事。

前にお話しした会社の女子社員。 やっぱり「断酒」は無理だったようで、週に一回は飲んでいるとの事。 saityarennji20150101.hatenablog.jp ちょっと深刻な状況だった時に相談に乗って、断酒のお話をした。 今では平日の夜は全く飲まないが、週末だけ子供が…

機会飲酒。

断酒を継続している方の中で年に1、2度「お酒」に口をつける方もいるようだ。 どうしても断れない場面があったりするのだろう。 私は絶対にやらないのだが、率直な意見を言わせてもらえば「あり」かなとも思う。 それでやっていけるなら人それぞれやり方は…

そんな酒。

断酒の大先輩の方が言った 「そんな酒」 という言葉が心に残った。 私にとって「そんな酒」とは、夜に娘の習い事の送迎をしなくてはならなかったり 車の運転をしなければならなかった時に発生する事が多かった。 飲んだり飲まなかったり、 「あー今日は飲め…

竹。

裏の敷地に越境してきた「竹」。 見る見るうちにぐんぐん伸びる。多分根からくるのだろう。 地面に埋もれて侵入してくる段階では止めることが出来ないので 地上に姿を現した時、初めて観測することが可能だ。 観測する事と、観測しない事。 このあたりはただ…

雨。

今日はよく降ってくれました。 傘をさしていても横から雨粒を浴びるほどでしたね。 クールビズと言うもはや死語のような取り組みをしている仕事場ですので 半袖のシャツを着用しておりますが、移動の折には腕にぽつぽつ雨粒が当たります。 この腕から伝わる…

断酒900日経過。

もはやなんてことはない事のようですが 断酒を始めてから900日が経過しました。 キリのいいところでブログも更新。 振り返ると色んなことがありました。 親しい人が亡くなりました。 子供たちが進学しました。 親戚に赤ちゃんが生まれました。 転勤でオフ…

さあ、落ち着いて。

ボストンのベンソン=ヘンリー心身医学研究所のハーバート・ベンソン博士によると 「瞑想」によるストレス低減で病気を抑制することが出来るとの事。 ストレスが溜まると脳の辺縁系から信号が発せられ様々な細胞に炎症が生じる。 その結果、様々な病気を引き…

ふわりはねのよう!

www.youtube.com 最近お気に入りの歌。秦基博さん。 「ふわりはねのよう。」 この感じ。 断酒を継続して、重かった足かせから解放されたような心の状態。 まさに「ふわりはねのよう!」 今週のお題「晴れたらやりたいこと」 風になってタンポポの種を運びた…

未成年者の飲酒。

近頃世間を騒がせている未成年者の飲酒。 一緒に飲んでて、悪さをした芸能人のお話から端を発しているようだ。 ググってみるとお酒のメーカーさんのサイトで 参考になりそうなものがあったのでご紹介。 www.asahibeer.co.jp この中で未成年の飲酒に関する部…

飲みたいのか?!酔いたいのか?!

酒を飲むという行為の中で浮かび上がってくるポイントが2つあると思う。 「味がおいしい」から飲むのか?!「酔っ払いたい」から飲むのか?!だ。 断酒開始初期の頃は酔っ払ってボーっとするあの感覚、 つまり「酔い」を欲する時があったように思う。 何日…

「家のみ」はアル中の扉。(底つきの定義とは。)

今週のお題「家飲み」 なんてタイムリーなお題なのだ! 私にとって「家のみ」とは「アル中」の始まりと言っても過言ではない。 話せば長くなるので結論だけ書かせていただきます。 毎日「家のみ」をしていると、徐々に酒量が増えていくケースがあります。 ス…

断酒という決断。「世界の成功者たちが毎日同じ服を着る理由。」

今週のお題「ブログ川柳」 「決断の 数をへらせる 断酒かな。」 世界の成功者たちが毎日同じ服を着る理由をご存知でしょうか?! curazy.com 上の記事の中で興味深かったのは「決断疲れを回避する。」と言う部分。 FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは 「…

すえは博士か?大臣か?

「すえは博士か?大臣か?」子供の頃、 よくできる友達は先生達にこう言われていた。 しかし、権威のある立場の人が総じて「人物」としても優れているか?! と言えば必ずしもそうではないという事例も多い。 その代名詞とでもいえるものがいわゆる「酒の席…

人は変われる。

酒をやめる前、「そんなことが出来るのか?!」と思っていた断酒。 でも、やってみるもので今では案外順調だ。 順調と言うより馴染んでいる。 自分自身は元のまんまで同じ自己なのだが 人は変われるものなのだとつくづく思う。 それもそのはず、この世の中に…

グレーゾーン領域。

お題「新生活」 「酒をやめた新しい人生。」 人が人である限り、一たす一が二にならない「あいまいな領域」が必ず存在する。 「まあこれくらい良いんじゃない。」といったような日常のやり取りから 国と国との政治的なやり取りでも、必ずあいまいな領存が発…