今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

旨い酒と旨い肴(2)

(今日も飲みませんでした。不飲酒継続65日目)


を飲み旨いものを食べる行為の事を

行動心理学で「食事性」と言うらしいです。

人類が酒たるものを飲みだしたのは

安全な水分を補給する為だったと言う説があります。

当時、地上の水分は飲用に適さず、ビールやワインなら安全だった。

と言う事らしいです。

時代は進化し、現代では食事をおいしくいただく事を目的とし

飲酒は行われています。

それが「食事性」だそうです。

結局、料理を楽しむファクターのひとつに分類されている行為です。

「酒自体がおいしいから飲むのだ!」と

根っからの酒好き(美飲家)の方に怒られそうですが

おいしいから飲むと言う動機も、実はあいまいで

純粋に味覚、臭覚、口腔・視覚的感覚による「おいしさ(うまさ)」よりも

「ビンテージのワインですよ。」なんて言われてから飲む酒が持つ「おいしさ」

つまり「あたま」で知識というスパイスによって味付けされた「おいしさ」

なんてもののほうが勝ってしまうケースが多いようです。

食べ物全般に言えることですが、

「おいしいに違いない!」と信じ

それを食する事に労力をいとわない行動そのものが

「おいしさ」の評価自体を高めているようです。

(行列に並んでから食べるラーメンは並ばない時より美味く感じます。)

アルコール飲料においてもパッケージやブランド力、

シチュエーション(Situation)と言った「あたま」で味わう要素は大きいようです。

 

そう考えると妙にというカテゴリーを食卓に用意しなくても

おしゃれなミネラルウォーターなんかを置くだけで

f:id:saityarennji20150101:20150307150836j:plain

十分食卓自体の「美味しさ」の要素は引き立てられるのかもしれませんネ。

 

なんと!!ロスではお水のソムリエが話題のようです。


ロサンゼルスで「水ソムリエ」が話題、テイスティングも  Reuters

 

前回に引き続きになりますが、

酒の無い食卓でも、旨い肴ホカホカ白いご飯

十分満足感が得られそうです。ハイ。

 

今日も飲みませんでした。

皆さん有難うございました。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ 

広告を非表示にする