今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

イパネマの娘。

今週のお題「映画の夏」

 

何だか涼しげな音楽のPVは

1964年に公開されたアメリカ映画

「クレイジー・ジャンボリー / Get Yourself a College Girl」のワンシーンらしい。

 

www.youtube.com

 

なぜボサノバ「イパネマの娘」を思い出したかと言うと

昨日から始まっているブラジル・リオ・オリンピックの

開会式セレモニーで演奏されていたからです。

 

あまりにも有名な曲なので皆さんもどこかで聞いたことがあると思います。

 

f:id:saityarennji20150101:20160807164514j:plain

出典:https://www.rio2016.com/en/photos

 

ボサノバはポルトガル語ではボッサ・ノーヴァと発音するらしいです。

Bossa は「こぶ」Nova は「New 新しい」。

Bossa Nova は「新しく出てきたもの」「新感覚」

と言うニュアンスでしょうか。

 

高校生の時、ボサノバを「おしゃれな都会人の音楽」という受け止め方をしていた私。

涼しげなこの音楽を夏の定番として今も愛用しています。

 

当時購入したボサノバのオムニバスCDの解説に

「ボサノバの歌詞には哲学的な人生への洞察、愛の美学が秘められている。」

と書かれていた事を懐かしく思います。

 

まさかあの時、

「もう一度日本でオリンピックが開催される。」

と思ってもみなかったし

「自分が将来お酒が合わない体質である事を認めて断酒する事になる。」

なんて考えもしませんでした。

大人はみんなお酒を飲むものだと思っていましたからね。

 

人生、どこでどうなるかわからないもんです。

でも、高校生の時と同じく「ノンアルコール」で聞くボサノバは

飲んでいた時よりもなんだかずっと素敵に聞こえます。

 

広告を非表示にする