今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

私達は知っている。

お題「20歳」

ハタチの私は知らなかった。

でも今、私達は知っている。

 

この世の中は「知っている。」か「知らない。」かのどちらかしかない。

ちょっと前、ちょん髷をしていた頃なら寺や神社で神頼みしていた正体不明の病も
今や体を輪切りにして撮影し、中身を確認、治療できるようになった。

少し前にも書いたけれど、最近では「重力波」なんてものが観測され
時間と空間が伸び縮みしている事を我々は知ってしまった。

 

saityarennji20150101.hatenablog.jp

 

この歪みのせいで我々が使っている位置情報のGPS

補正値を入れないと一日に10キロも誤差が出てしまうらしい。

 

縦横高さ、そして時間。

そんな概念の上位に位置する文明がこの宇宙のどこかに存在していれば、

我々のこの狭い世界は瞬時に操られてしまうだろう。

いや、もう操られているのかもしれない。

この手の話題になると必ず直面してしまう「存在」についての疑問。

我々はいったい何者なのか?どこからきてどこに行くのだろう?!

今こうやって考えている自分とは、脳で作られた「意識(心)」であり

「魂」ではないと聞いたことがある。

「魂」と「意識」とは別物で、「魂」とはもっと根源的なものであり、

サイエンスの世界ではそれ以上分ける事の出来ないミクロな物質の動き(振動)

のようなものと考えてもいい。

だって、勝手に動いているものの最小単位ってなんだろう?

と考えると、それは「魂」をもった自発的で自動的な超ミクロな存在なのだから。

超ミクロ、最小の素粒子と考えられているクオークなども「超弦理論」では

振動する「とじたひも」と「ひらいたひも」と考えられている。

 

f:id:saityarennji20150101:20170113215358p:plain

 出典:理研ニュース

 この「ひも」を振動させているエネルギーを

現段階では「魂」と定義できるのかもしれない。

なぜなら、これよりも小さくて、勝手に動いているものを私達は

「知らない。」から。

私達は誰もが様々な物質からできているのに、

それ以上分ける事の出来ない超、超、超最小のものについては何も知らないのだ。

自分自身をなでたり、触ったり、感じ取れるのに

自分を構成する要素の事を実はあんまりわかっていない。

普段は思考を停止し、無視して生きているのだ。

そう考えると「知っている。」事と「知らない。」事は

結構身近なのに実は頭の中で無視し続けている出来事と呼べるのかもしれない。

 

そう!断酒の素晴らしさのように。

 

みんな薄々は感じている。酒なんか飲まずにいれたらどんなにいいか。

でも、その思考を知らず知らずの間に無視し続けているのだ。

なんとも可哀そうなことだ。

でも、私達は知ってしまった。

酒なんて飲まなくても良いことを!

なんと快適なんだ!

束縛から解放された我々の素晴らしき人生に感謝します!

サンキュー! グラッツェ! メルシーボークー!

 

飲んでも飲まなくても、それでも地球は回っていく。

 

今日も飲みませんよ。

皆さんに感謝です。

広告を非表示にする