読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から酒のない人生を歩もう

日々感じた事を綴っています。

みなさん一緒にお酒をやめてみませんか?!

酒の無い生活は本当に What a wonderful world!

余裕「酌酌」シャクシャイン。

お酒関連。

出典:wikipedia

 

「酌」と聞くと、どうしても高校時代に歴史で習った

シャクシャイン」を思い出してしまう。

その時、誰だったか「シャクシャイン」の人物名暗記の方法を教えてくれた。

最初は余裕しゃくしゃくだったシャクシャイン松前藩の反撃を受けるので

「余裕しゃくしゃくシャクシャイン」と覚えればいい。と助言された。

 

さて、本題の「酌」とは、他人の杯が空いていたら、

酒を勧めたり、注いであげたりする風習だ。

私は酌をするのもされるのもあまり好きではなかった。なぜなら

「人」の事より「酒」を飲みたかったから。

ゆっくり、じっくり飲んでいたかったのである。

 

女性が男性に酌をしている場面と言えば、代表的なのは夜の酒場だろう。

これは、「たくさん飲んでもらってお金を落としていって下さい。」

という分かり易い構図なので単純だ。

男性が女性に酌をして、お酒を進めている場面となると

「何か下心でもあるのかな?」と思うシチュエーションを想像してしまう。

 

このほかにも色々な場面があるだろうけれど、

おおむね「コミュニケーションのとっかかり」と言ったところか。

 

しかし、今になって考えると、飲み会で一切注ぎに回らず、

ひたすら手酌で飲んでいた自分にとって「酌」は全く縁のない文化だった。

さぞ、「気の利かないやつ」だと思われていた事だろう。

でも、酌をしようがされようが、酒は飲めば飲むほど酔ってくる。

一旦酔ってしまったら、酌をしようがされようが

酔っ払いはどうせ覚えていないので、何をしても無意味だ。

最期には、酔って、羽目を外して、勢い余ってとんでもないことになる。

 

やっぱり発音が似ている「シャクシャイン」と同じで

「余裕しゃくしゃく」なのは最初だけなのである。

 

お酌が苦手な世の中のみんな!

お酌は相手が酔っていない前半早々にちょろっとだけしておいて、

後は人込みに紛れて、来るべき宴会終了の合図を息を殺して待ちましょう!

 

お題「これって私だけ?」

宴会で酌もせず、手酌で飲みたおす。今はノンアルコールビールをのみたおしてます。

広告を非表示にする